What's 合同会社

What's 合同会社

合同会社に求められる各種申告

合同会社として新規に立ち上げた際には、色々なところへ新規に法人を立ち上げた旨届け出をしなければなりません。特に急ぐものとしては、厚生年金及び社会保険への加入手続きに関する申告が挙げられます。さらに税務署及び都道府県税事務所、市町村役場税務担当窓口も同様に申告をしなければならず、期限が定められているものがあるため準備をぬかりなく進めていくことが必要です。

合同会社は個人でも立ち上げるケースがあり、個人では時間が足りずに手続きが間に合わないことがあり得ます。したがって、迅速に手続きを進めるためには、社会保険労務士や税理士などの専門的に代行を行える士業の人に、依頼をして任せるのが安心、安全です。
なるべく早めに準備を進めることが必要で、特に司法書士に依頼して合同会社の法人登記を代行申請する段階では、ある程度の書類の準備を進めておいた方が無難とされています。申請から登記完了までは約3週間程度と呼ばれていますが、早めに段取りをしておくように、考えておいた方がよいです。

合同会社に求められる各種の申告

合同会社はかつて存在していて、今では現存するだけとなっている有限会社と同じ趣旨のものです。この合同会社の最大の特徴として、家族経営が挙げられます。家族だけに限定をしているわけではありませんが、何らかの議決を行う場合には従業員全員の認可がなければ決定が出来ないものです。

この合同会社でも法人である以上、様々な申告が求められます。一番求められるものとしては、役所への届け出です。条件を満たす場合に限りますが、社会保険や厚生年金への加入は必須です。また、国税や地方税に関する届け出も必要になってきます。

税金ではさらに消費税や所得税に代表される様々な申告も必要になるでしょう。納税に限ったことではなく、それ以外でも、黒字だったのか赤字だったのかなどの申告も必要なものです。
このように合同会社といった法人になると、届け出関係が多数必要になってきます。個人事業主よりは届け出なければならないものが増えることは、間違いがないでしょう。