What's 合同会社

What's 合同会社

合同会社の分配について

合同会社を経営していて利益が出たら、社員(出資者)に分配することができます。
この分配は、「利益の配当」といわれます。
合同会社の社員は、いつでも利益の配当を求めることができ、時期や回数などについては、定款で自由に決めることができます。
ただし、利益の額を超過する配当は、定款で定めたとしても求めることはできません。
そもそも、利益を配当するということは会社の財産が減るということですから、それを青天井で認めてしまうと、会社の債権者は困ってしまいます。
そのため、配当できる限度額が設定されています。

会社全体での限度額は、「配当する時点での、利益剰余金と同じ額」。
社員個別の限度額は、「配当された利益から、その額と配当された損失の額を差し引いた額」。
両者のうち、小さいほうが利益額となり、会社はそれを超過した配当請求は拒むことができます。
そして、社員がこれらの規定を無視して違法な配当を行った場合は、原則として返還しなければなりません。

合同会社の損益分配に関する知識

合同会社にとって損益分配を自由に決められる状況は、その後の状況を有利な展開へ持っていくことにもつながります。企業に関する内容は時代の変化とともに徐々に変化していますが、法的な根底にあるものはまだまだ継続されて不変であることから、上手にやりくりしていくノウハウが求められます。また分配方式に関与する内容をより詳しく学びたいというならば、過去に置ける事例を紹介しているホームページを参照していく部分が大切なのです。マメ知識のようなためになる情報も満載であるため、合同会社を保有している場合は一度閲覧してみることが推奨されます。

その一方で都合よく事を進めていく部分が難しいのが現実のビジネスの世界であるため、先輩方の貴重な意見にも耳を傾けながら、適宜対応していくことが大切なのです。合同会社を持った際のモチベーションを思い出しながら、最終的に納得のいくような道筋を立てる事柄が一番重要な側面となっていきます。

最終更新日:2016/3/11