What's 合同会社

What's 合同会社

合同会社が納税すべき税金の種類

合同会社はかつての有限会社のことだと考えればよいものです。法人ですから、この合同会社がもうけを出せば、法人税が課税されます。また、事業税も課税されるでしょう。物やサービスを購入すれば、消費税及び地方消費税も課税されます。このように、法人形態である以上、様々な税金が課税されてきますが、突然納税通知書が届くようなものもあるため、税金の種類を事前に知っておくことで、青天の霹靂という事態は避けられるでしょう。

特に注意したいのがメジャーではない地方税です。地方税はそれほど知られてはいませんが、突然課税されてくるため事前に余裕がないと支払に窮します。結果延滞して、納税するときには延滞金も高額になるなど不都合が生じます。何をすればどんな税金が課税されるのかは、多少でも調べておいた方が無難です。気を付けたいのは取得をしたときで、金にしろ物にしろサービスにしろ、何かしら得た物が生じた際に、税金が発生する可能性が高いため注意が必要です。

合同会社で納税する税金の種類

合同会社は個人経営や家族的経営を行う企業体です。その決議には従業員全員の了承がなければならないなどの特徴を有します。
その合同会社では、法人格を有する以上は法人に関係する税金も含めて考えていかなければなりません。法人税などを始めとして様々な税金が課されます。サービスや物を購入すれば消費税が課税されますし、逆に販売をすれば当然徴収しなければなりません。地方税に代表される租税公課も同様です。

様々な税金が課税される中で、節税を行いたいと考えるのは自然なことです。したがってできる限りこの税を節約するためにはどうすればいいのか、可能であれば顧問税理士に依頼するなどして、節税に向けて財務体質を考えるなどの工夫を考えていくことが求められます。
税金の種類では、法人である以上は関係するものの納税は必須ですし、さらに雑多なものも課税されてきますが、正しくそれらの知識を知って、減税の措置が執れるものがあればそれを利用するなどの工夫も大切となってきます。

Valuable information

2016/9/6 更新